FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンセイは防腐剤フリー

サンセイ製品は、防腐剤フリーであると言える。しかしながら、この製品を「防腐剤フリー」と言う位置付けに置いてはいない。なぜなら、サンセイのラインが防腐されていないと消費者に考えて欲しくはないからである。サンセイは、セルフプリザービングテクノロジーにより、製品を防腐していながらも、伝統的な化学的な防腐剤はしようしていない。

防腐剤は、スキンケア製品が腐り、生じるバクテリアが潜在的に危険だということが発見された1950年代に製品に添加されるようになった。現在法律で、十分に防腐された製品が要求されており、ほとんどの企業は、伝統的な科学防腐剤を添加することによりその問題をクリアしている。それとは対照的に、サンセイのラインは、特許を取得したセルフプリザービングテクノロジーを使い防腐している。

伝統的な化学防腐剤(パラベンやフォルムアルデヒド・リリーシング(ホルムアルデヒドを放出した?)成分など。ホルムアルデヒドと似たような防腐剤で、アメリカにはそれを添加した製品がある。)は、サンセイ製品には、添加されていない。

As defined in this document, Sense products are free from preservatives. However, we don't position the products as "Preservative Free" because we don't want consumers to think that the Sense line isn't preserved. Sense's Self-Preserving Technology preserves the products, but not with traditional chemical preservatives.

Preservatives were added to products in the late 1950s when it was discovered that skin care products spoiled and the resulting bacteria was potentially dangerous. The law now requires that products are adequately preserved, which most companies accomplish by adding traditional chemical preservatives. The Sense line, by contrast, is preserved using our patented Self-Preserving Technology.

It is accurate to say that traditional chemical preservatives (like parabens or formaldehyde-releasing ingredients) are not added to Sense's products.


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

good

サプリメント再考

サプリメントとは、そもそもなんでしょう?本当に必要なんでしょうか?自分に合ったサプリメンとは、どうやって選ぶんでしょう?
動画でサラリと学ぶ
サプリメントの摂取方法

超・お役立ちオススメ書

最近の記事

みんなでお小遣い稼ぎ

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
ここ経由で楽天やDHC、無印良品、各種通販でお買い物をすると、現金がたまる!紹介者にも同額たまる!

ハート村図書館

ハート村の皆さんが寄贈してくれた本です。無料で借りられます。村議会で手渡しです。
【PC版ログイン】
 ID:heartvillage
 Pass:heartvillage

ハート村美術館

ハート村の皆さん撮影による写真などの美術館です。
ハート村の夏のアルバム

【PC版ログイン】
 ID:heartmura@gmail.com
 Pass:810
【携帯からアップロード】
 u253470-bafbb@photozou.jp
タイトルが題名、本文が写真の説明文になって掲載されます。

ハート村みんなの倉庫

ハート村の皆さんの共有物の情報です。貸し借りで無駄なキャッシュアウトを抑えよう!
【譲ります】【貸します】【探してます】
ハート村みんなの倉庫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。