スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の富士登山

天気予報の絶対絶命の「曇りのち雨」を吹き飛ばし、
14名のチャレンジャーは超晴天のご来光を手にしました!

19歳~65歳の14名、(15名のはずが一人奇跡の寝坊(笑))

うち、Aくんは高山病となってしまい、
8合目半ばの白雲荘まで頑張ってみたものの、
やはり頭痛、吐き気がひどく、高山病の特効薬は「降りること」
だけなので、バディのSくんと二人で蓬来館まで
夜道を下ったのでした。

なんとか到着、
それにしてもAくん、高山病なのによくこれだけの距離を降りて
これたなぁ、と感心しつつ、ほっと胸をなでおろしました。

Aくんはここから翌日一人で頑張って下山して合流できました。
山頂までは一緒にはいけなかったけど、ここまででも一緒に
これてよかったですね。

また、互いの弱ったときを、
共に乗り切れた思い出というのは、とても貴重なものになった
気がします。仕事とかそういう面ではなく、
高山病は下手すれば命にかかわるし、夜道の山道はまっくらで
転げ落ちたらこれまた死ぬし・・・そういう面です。

さぁ、再び宿めざしてアタックです!
お湯を混ぜるインスタント味噌汁400円を買って体を
あたため、19時からSくんと強行アタックで富士山ホテルまで
約1時間を再び登ったのでした。すでに星空が。

その前にも、ひとり女性がふらふらで、リュックをSくんと
交代交代で持っていったので、かなりつかれがありましたが、
自分の体力もいざというとき昔取った杵柄、まだまだいけるなぁ~
と再確認できました。

とにかくそれに全部付き合ってくれたSくんに大感謝です。

さぁ、さすがに疲れましたね、、気を遣って星を眺めながら
まっててくれたみんなを先に寝かし、

宿のカレーをたべ、コーヒーを買って飲みました。


う、う、うまい・・・(T_T)

こんなにうまいものを毎日あたりまえのように食べ、飲んでたなんて。。

山小屋の寝袋も、せますぎてきついですが、
とてもありがたかったですね。

深夜におきて山頂を目指して、なんとか全員登頂です!

ご来光をまちながら、感極まってる人や、
あまりの寒さであごがマンガのようにガチガチしてたり
しましたが、ご来光とともに一気に肌に温かさを感じ、


太陽のものすごいエネルギーを全身で感じたのでした。


ありがたい。ありがたい。

地球は丸い。

ほどよい雲が、地表を守ってるんだなぁ。

あまりにも青い空、

近い太陽、さえぎるものがなにもない直射日光、

吹き飛ばされれば命はないほどの強く冷たい風、

聖地巡礼のようにお鉢めぐりをする無数の人々。

外国人もたくさんきていましたね。


ご来光の瞬間をカメラにおさめようと、
みんなじーっとしていたりします。


ご来光が出た瞬間は大拍手と、

うわーーーーっ!

という、見た人でないと出てこないような声が、
あちこちであがります。

想像を絶するような光景なわけですね。

TVで見るのとはわけがちがう、

大自然そのももの営み、自然のサイクル、宇宙のリズムが、
目の前でくりひろげられるわけです。

ひとは宇宙のサイズからくらべれば小さいですけれど、

それらをすべて「感じる」ことができるわけで、

そんな人間に生まれてきて、ありがたいなぁ、よかったなぁ、と
思いながら、感動しました。


そしてみんなに噴火口をみせて、

さぁ、ちょっと山頂でひと息して下山しよう、としたとき、

なんとなんと!!

8/26のヒッキーと、8/27のわたしの誕生日のために、

わざわざ!ショートケーキを用意してくれていたではありませんか!!

なーんか、リュックのほかに、手さげ袋をSくんがもっていて、
それをかわるがわるみんながもっていたりして、

危ないからそれ持ってますよ!といっても、「いいよ、大丈夫!」
と持たせてくれないバックがありました。

その中身がなんとショートケーキでした。

す、すごすぎる・・・

富士山頂で誕生日を祝ってもらうことなんて、一生に恐らくこの日
だけでしょう。

日本にどれだけそんなひとがいるんだろう。

そんな鳥はだ級の感動をありがとう(T_T)

感動とはずかしさをやっとの思いで隠しながら、

まるで冷蔵庫にはいっているような、超美味しいケーキをいただいたのでした。

みんながいたから、登れました。

みんなの思いで、感動も高まりました。

Earth は、 一文字かえれば Heart です。

地球と愛情の距離は、ものすごく近いのでしょうね。



ps
一番体力心配したけど一番元気だったSちゃん、

Aちゃんの分までわたし頑張って登ります!といってくれたOちゃん、

大学一年生、ハナヂ出しながら笑顔で登ったRぽん、

俺がいなくてもしっかりまとめてくれたKTちゃん、

ごはんが少なくても登頂できたGちゃん、

深夜の登頂、先頭ひっぱってくれたHキー、

11月に60歳になる前にみごと登頂したKちゃん、

奇跡の65歳、超ポジティブ淑女の富士山10回目で最も素晴らしいご来光を見た!といってくださったOドリー、

だましだまし、白い顔をしながらも、山頂まで頑張ったHみん、

腰がいたいけど、若い皆をもりあげてくれたKやさん、

辛い顔したみんなを和やかジョークで笑わしてくれたNちゃん、

辛い時こそ勇気あるリタイアしたいい男Aくん、

そしてベストバディのSソン、

そして、2ヶ月前から準備して、14人と楽しい思い出をつくることができたわたし自身に!(笑)

みんなおめでとう、ありがとう!
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

good

サプリメント再考

サプリメントとは、そもそもなんでしょう?本当に必要なんでしょうか?自分に合ったサプリメンとは、どうやって選ぶんでしょう?
動画でサラリと学ぶ
サプリメントの摂取方法

超・お役立ちオススメ書

最近の記事

みんなでお小遣い稼ぎ

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
ここ経由で楽天やDHC、無印良品、各種通販でお買い物をすると、現金がたまる!紹介者にも同額たまる!

ハート村図書館

ハート村の皆さんが寄贈してくれた本です。無料で借りられます。村議会で手渡しです。
【PC版ログイン】
 ID:heartvillage
 Pass:heartvillage

ハート村美術館

ハート村の皆さん撮影による写真などの美術館です。
ハート村の夏のアルバム

【PC版ログイン】
 ID:heartmura@gmail.com
 Pass:810
【携帯からアップロード】
 u253470-bafbb@photozou.jp
タイトルが題名、本文が写真の説明文になって掲載されます。

ハート村みんなの倉庫

ハート村の皆さんの共有物の情報です。貸し借りで無駄なキャッシュアウトを抑えよう!
【譲ります】【貸します】【探してます】
ハート村みんなの倉庫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。